子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視の予防法

 

仮性近視は、普段の生活の中で予防ができます。

 

例えば、ゲームをする時には、1日30分程度にとどめましょう。

 

 

ゲーム機の使用は、近くでめまぐるしく目を使いますから、

 

目にかかる負担がかなり大きくなります。

 

できれば30分間のうちに、時々目を休めるといいですね。

 

 

また、テレビを見る時には、

 

3メートルは離れて見るようにしましょう。

 

 

暗い場所で本を読むことや、姿勢が悪いことでも、

 

仮性近視にはなりやすいですから、

 

これも普段から気をつけるといいですよ。

 

 

私が子供のころは、暗いところで本を読まない、正しい姿勢を心がける、

 

この2つを守っていれば、仮性近視にはならないと言われていましたが、

 

最近はゲーム機の普及で、目を使う時間が長くなっています。

 

 

私の息子も、ゲームや本が大好きで、夢中になってやっていたら、

 

目を細めて物を見ることが多くなりました。

 

 

ちょうど学校の視力検査もあって、その時に数値が悪かったため、

 

眼科受診すると、仮性近視と診断されたのです。

 

 

仮性近視の場合、訓練や治療をすれば治ることがほとんどですが、

 

それよりも、普段の生活の中で予防をして、仮性近視にならないことが重要です。

 

 

目を使ったら、遠くを見て目を休ませるのが一番の予防法で、

 

目が疲れている状態を、できるだけ短くする工夫が必要です。

 

 

あなたの子供さんが、「仮性近視かも?」と思ったら、

 

まずは目を休める時間を定期的に作ることで様子を見ましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?