子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視になりやすい状況

 

仮性近視は、近くのものをずっと見続けることが原因で起こります。

 

これは、水晶体の働きをコントロールしている毛様体筋が凝り固まってしまうからで、

 

そのコリを取り除けば、視力が回復するのが特徴です。

 

 

仮性近視になりやすい状況というのは、先ほども言いましたが、

 

「近くのものをずっと見続ける」ことです。

 

 

以前は、本を長時間見ていることが、仮性近視になりやすい状況でしたが、

 

最近ではゲーム機の使用も問題視されています。

 

 

本であれば、ある程度話が進んだところで中断することができますが、

 

ゲームの場合、熱中してしまうとなかなかやめることができません。

 

 

しかも、めまぐるしく変わる画面をずっと見ているわけですから、

 

目の筋肉はかなり酷使されているのです。

 

 

また、ゲーム機に限らずパソコンなどを長時間にわたって使うのも、

 

仮性近視になりやすい状況といえますね。

 

 

ゲーム機やパソコンは、常に光の強さが変わり、それも毛様体筋は、

 

調節しなければなりませんから、かなりの疲労です。

 

 

一定時間目を休めれば、仮性近視の場合、視力が回復しますが、

 

こうした状況が長く続くのは、その回復スピードも遅くなります。

 

 

仮性近視が真性近視に移行してしまう可能性もありますから、

 

普段からこうした状況をできるだけ作らないことが大切ですね。

 

 

子供の場合は、自分で時間を調整するのが難しいですから、

 

親がしっかりと様子を見るようにしましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?