子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


子供と大人の仮性近視の違い

 

仮性近視というと、子供だけのものと思われがちですが、

 

そうでもありません。

 

 

もちろん、仮性近視は、子供に多いですから、

 

大人に仮性近視があるなんて、

 

知らない人も多いかもしれませんね。

 

 

子供の場合、眼軸が大人に比べると短く、仮性近視になりやすく、

 

また視力の低下も早いので、早めの対応が重要だと言われています。

 

 

数字で言えば、子供の仮性近視は大人のそれよりも

 

約3倍というデータもあります。

 

 

つまり、大人に比べて目の調節力が弱いわけです。

 

 

ですが、だからといって、大人が仮性近視にならないという

 

保障はありません。

 

 

最近では、仕事などでパソコンを使う人が急増し、

 

一時的に仮性近視になっている人も、

 

少なくないかもしれないのです。

 

 

大人の場合には、仮性近視を疑わず、

 

すぐに眼鏡などを使ってしまいがちですから、

 

仮性近視の数は少ないです。

 

 

大人と子供の仮性近視の違いは、

 

進行するスピードが、子供のほうが早いですが、

 

訓練や治療で回復するスピードも早いことです。

 

 

大人になってから、視力が低下し、仮性近視の治療をしたのに、

 

なかなか結果が出ずに、真性近視になってしまうケースも多いのです。

 

 

仮性近視は、水晶体の働きをつかさどっている筋肉の疲労でもありますから、

 

筋肉の回復ということでも、大人は難しい部分がありますね。

 

 

治りやすいという点も、子供と大人の仮性近視の

 

大きな違いかもしれませんね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?