子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視は早く治さないと大変なことになりますよ!

 

仮性近視は、子供の視力低下の初期症状だから、

 

しばらく様子を見よう。

 

そう思っていませんか?

 

 

また、子供の視力検査の結果は、あまり当てにならないから、

 

今のところは何もしなくてもいいだろう。

 

そんな風に考えていませんか?

 

 

確かに仮性近視は、本当の近視ではありません。

 

治療しだいでは治る近視と言われているので、

 

あまり心配していない親御さんも多いことでしょう。

 

 

実は、私も同じでした。

 

息子が始めて視力検査をした時、

 

「子供は視力検査のやり方がわかっていないから」と、

 

自分勝手に判断をして、しばらく放っておいたのです。

 

 

息子が目を細めて物を見ていることに気づいた時は、

 

かなり視力が低下していました。

 

 

「仮性近視ですね。」

 

そう眼科で言われて治療をしましたが、

 

なかなか効果はありませんでした。

 

 

幸い、視力回復トレーニングマニュアルで、視力が戻りましたが、

 

あのまま様子を見ていたら、本当の近視になっていたでしょう。

 

 

仮性近視は、そのままにしておくと、

 

本当の近視になってしまう可能性が高いです。

 

 

それを知らずにいる親御さんが、もっと早く対応すればよかったと、

 

後悔するケースも、最近では特に多いとのことです。

 

 

子供の視力の異常に気づけるのは、

 

身近にいる親御さんだけです。

 

 

早めに異常に気づいて、対応することで、

 

メガネのお世話にならずにすむのですから、

 

普段からの様子をチェックしたいものですね。

 


FXってなんなの?