子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


田中 謹也さんのアイ・トレーニングでどこまで視力がUPするの?

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」の考案者である田中謹也さんは、

 

愛知県で視力回復専門フィットネスのトレーナーをしています。

 

 

「視力アップ法だから、眼科の医師ではないの?」と思われるかもしれませんが、

 

眼科は視力を回復させるというよりも、目の病気を治すところです。

 

 

ですから、田中謹也さんは、

 

視力を回復させる専門家ということになりますね。

 

 

田中謹也さんのアイ・トレーニングでは、

 

6年間で1000人近いお子さんの約9割が、

 

視力アップに成功しています。

 

 

しかもそのトレーニングは、

 

1日たったの13分でいいというのですから驚きですよね。

 

 

視力が0.3だった子供さんが、2ヶ月のトレーニングを行って、

 

1.2までアップしたケースもあるそうです。

 

 

もちろん、視力の回復には個人差がありますから、

 

トレーニングを行って必ず1.2にまで視力が回復するわけではありません。

 

 

ですが、トレーニングを行って、

 

0.8以上に視力が回復したお子さんがほとんどですから、

 

効果の期待度はかなり高いと思います。

 

 

視力が0.8であれば、日常生活の中でメガネをかける必要はありませんし、

 

黒板の文字が見えにくいということもありません。

 

 

実際にトレーニングをしたお子さんの中にも、

 

どんどん見えるようになることが楽しくて

 

毎日続けようと思った、という意見が多いのです。

 

 

どこまで視力が上がるかという具体的な数字はわかりませんが、

 

このトレーニングをすることで、一定の効果は得られると思いますよ。

 


FXってなんなの?