子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法をお勧めできない人

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」をお勧めできない人とは、

 

ずばり、全くその効果を信用していない人です。

 

 

このトレーニング方法に限らず、何かに挑戦する時と言うのは、

 

その内容を信用しているかどうかで、効果がぜんぜん違うと思うのです。

 

 

1日たった13分のトレーニングなんて、やっても無駄、

 

どうせ視力がよくならないなどと、

 

マイナスイメージを強く持っていると、

 

小さな変化に気づかず、否定するだけになってしまいます。

 

 

親御さんがそう思っていると、その気持ちが自然と子供さんに伝わって、

 

真剣にトレーニングに打ち込まないかもしれません。

 

 

1日に数分のトレーニングですから、その時間に集中できなければ、

 

効果も得られないと言えるでしょう。

 

 

そして、この視力アップ教材は、仮性近視に効果はありますが、

 

あまりに視力が低下している状態では、思うような効果は得られません。

 

 

ですから、視力がかなり悪くなっていて、

 

それをこのトレーニング法で改善させようと、

 

期待しすぎている人も、お勧めできない人と言えるでしょう。

 

 

マニュアルにも記載されていますが、

 

子供の視力低下は、スピードが速いので、

 

様子を見ているうちに、かなり低下してしまうケースも多いのです。

 

 

マニュアルを実践する前には、どの程度回復できるかを判断する、

 

簡易的なテストもあるので、最初はそれで状態把握をしてみるといいですね。

 


FXってなんなの?