子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法のデメリットは?

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」は、

 

実践したほとんどの人が、効果があったと感じていますが、

 

デメリットはないのでしょうか。

 

 

実はあるんです。

 

 

それは、子供の場合、仮性近視だけでなく視力の低下スピードは、

 

大人に比べて非常に早いことが関係しています。

 

 

あなたの子供さんが仮性近視と診断されて、治療中だったとします。

 

眼科の医師と相談しながら、目薬などで治療をしている最中に、

 

このトレーニング法を知ったとしても、

 

あなたはまずは眼科の治療を優先させるでしょう。

 

 

それが間違っているのではありません。

 

ただし、あまり時間を置いてしまうと、

 

仮性近視はどんどん進行します。

 

 

いくらこのトレーニング法が、効果が高いといっても、

 

それは視力が0.6程度の場合です。

 

 

躊躇しているうちに、子供さんの視力が、0.2とか0.1に低下した場合には、

 

トレーニングを実践しても、1.2まで回復する可能性はかなり低くなります。

 

 

まずはあなたのお子さんの視力が、どれくらいなのかを把握してから、

 

トレーニングを行いましょう。

 

 

また、こうしたトレーニング法があると知っていても、内容を信じていない人や、

 

疑いの気持ちを持ったまま実践していると、デメリットが大きくなります。

 

 

特に、子供さんの場合、親御さんの気持ちが伝わりやすいですから、

 

トレーニングをするなら、「一緒に仮性近視を回復させよう!」という強い気持ちが必要です。

 


FXってなんなの?