子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


近視と仮性近視の違い

 

仮性近視と近視は、言葉は似ていますが全く別のものです。

 

特に、医学の世界では、仮性近視という言葉は存在しません。

 

 

仮性近視のことを、「偽近視」と呼ぶそうです。

 

「偽」ですから、「近視ではない」という扱いになるでしょう。

 

 

それに対して、本当の近視は「真性近視」と言われています。

 

真性近視と仮性近視、字を見ただけでもなんとなくわかりますね。

 

 

仮性近視というのは、物を見る時に、水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

使われすぎることによって、一時的に視力が低下します。

 

 

真性近視は、筋肉の使われすぎというよりも、

 

角膜や水晶体の働きが悪くなる屈折異常です。

 

 

仮性近視は、目を休める、目薬などを使った治療などで、視力は回復しますが、

 

真性近視の場合、症状がかなり軽度でなければ、治る見込みはありません。

 

 

つまり、仮性近視と近視の違いは、

 

「視力が治るか治らないか」ということになるのです。

 

 

仮性近視をそのままにしておくと、

 

真性近視になりやすいという意見もありますし、

 

仮性近視の中に真性近視が隠れているケースもあるようです。

 

 

どちらも、眼科で検査をすればはっきりしますから、

 

なんとなく見えにくいと感じたら、早めに受診しましょう。

 

 

特に、子供の場合は、仮性近視の傾向が強いので、

 

早目の対応が肝心です。

 

 

普段からゲーム機などの使用時間が長く、

 

目を細めているしぐさに気づいたら、

 

仮性近視を疑ったほうが無難です。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?