子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法のやり方

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」は、

 

年齢の低い子供でも、簡単に行うことができます。

 

 

子供というのは、やり方が難しいと、すぐに飽きてしまいますからね。

 

 

このトレーニングは、3つのステップに分かれていて、

 

その合計時間がたったの13分です。

 

 

視力回復グッズであるブロックストリングも使用します。

 

 

簡単に説明すれば、まずトレーニング効果を

 

しっかりと得るための準備を行います。

 

 

そして、就寝前に約2分のトレーニングと、

 

朝昼晩に各3分のトレーニングを行うのです。

 

 

これで合計13分というわけです。

 

1回のトレーニングが13分というと、結構長く感じますが、

 

これならあっという間にトレーニングができるでしょう。

 

 

子供さんだけでなく、親子で一緒に行うこともできますね。

 

 

さて、ブロックストリングについてですが、

 

これはテレビなどでも紹介された視力回復グッズとして知られています。

 

 

1本の紐に、3色のビーズが一定間隔で固定されたもので、

 

片方を壁などに固定して、もう片方を自分の鼻の頭につけて使います。

 

 

この状態で紐を見ると、

 

その見え方で両目のバランス状態がわかります。

 

 

ブロックストリングは、両目のバランス機能を整えて、

 

見える力を養うことができます。

 

 

プロのスポーツ選手なども、このブロックストリングを用いて、

 

視力トレーニングをするそうです。

 

 

1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法」は、

 

子供にもわかりやすい内容で、毎日続けることができました。

 


FXってなんなの?