子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


眼科で治療するも一向に視力が回復しませんでした

 

早速、近くの眼科に受診。

 

息子が検査をしている時から、ハラハラしていました・・・。

 

 

結果はやはり仮性近視。

 

目薬を使った治療が始まりました。

 

 

息子も目薬を嫌がることもなく、スムーズだったので、

 

これは早く効果が出るだろうと思っていましたが、

 

現実は甘くはありませんでした。

 

 

目薬は1ヶ月使用して、様子を見ることになっていましたが、

 

1ヶ月後の検査でも、視力低下は変わりません。

 

むしろ、少し低下してしまいました。

 

 

ただ、担当の医師いわく

 

「3ヶ月くらい使用して効果が出ることもありますから、

 

しばらく様子を見ましょう。」とのこと。

 

 

その3ヶ月後に期待するしかないと思いました。

 

メガネやコンタクトレンズの不便さは、よくわかっている私でしたから、

 

できればメガネは使わせたくないという気持ちでした。

 

 

ある程度の年齢になれば、メガネやコンタクトレンズを使うかもしれませんが、

 

年齢が低いうちは避けたいと思うのは、経験者だからです。

 

 

もちろん、見えにくい状態を続けることは、目に負担がかかりますから、

 

視力低下を起こしやすいことは知っています。

 

 

仮性近視なら、治療がうまくいけば治るはず、

 

その思いでいっぱいでした。

 

 

毎日目薬を使い、ゲームやテレビなどの時間も少なくしました。

 

少しでも効果が出てくれたら、そんな期待をしていたんですよね。

 

 

でも、3ヶ月後の検査でも、結果はあまりよくありませんでした。

 

このままメガネを使うしかないのかなと、あきらめかけた私でした。

 


FXってなんなの?