子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


小学校の視力検査で毎回視力が悪くなって悩んでいました

 

私の息子が小学校に上がり、初めて視力検査を受けた時に、

 

その診断結果が「B」でした。

 

 

初めは、この「B」の意味がよくわからず、

 

視力が低下しているとは、思ってもいませんでした。

 

 

しかも、年齢が低かったので、

 

見方や答え方がわからないのだろうと・・・。

 

 

ところが、次の検査でも結果は同じ。

 

しかも、息子が時々目を細めて見ていることに気づいたのです。

 

 

確か私も子供のころ、母に「目を細めて見てはいけない」、

 

「目つきが悪い」と、注意されていました。

 

 

眼科に受診した時に、

 

仮性近視と言われたことを思い出したのです。

 

 

「仮性近視って、そのままにしておくと、どんどん視力が悪くなるんだよね・・・」

 

私は小学校3年生で、メガネのお世話になりましたから、かなり焦りました。

 

 

最近はゲームをしている時間も多かったし、

 

暗いところで本を読んでいることがあるから、

 

仮性近視である可能性は高いと思いました。

 

 

子供の視力が低下しているということを、

 

一番早く気づくのは近くにいる母親です。

 

 

学校での視力検査が、必ずしも正しいわけではありませんが、

 

子供の視力は、速いスピードで低下します。

 

 

仮性近視なんてまだ大丈夫、と親が思ってしまうと、

 

後悔することにもなりまねません。

 

 

とにかく眼科に受診して、状況を把握しようと決めました。

 

子供よりも、私のほうが悩みは深刻だったかもしれませんね。

 


FXってなんなの?