子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


目を温めると仮性近視を改善できますか?

 

仮性近視は、水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

目を使いすぎることによって、

 

緊張してしまうことが原因です。

 

 

筋肉の緊張と言えば、肩こりが代表的ですが、

 

この肩こりを解消するために、肩を温める方法が用いられます。

 

 

こっている部分を温めることで、そこの血行が良くなり、緊張もほぐれますから、

 

仮性近視にも同様のことが言えるでしょう。

 

 

目を温めることで、水晶体の厚さを調節する毛様体筋がほぐれますから、

 

ピントもあわせやすくなります。

 

 

仮性近視には、目を温める方法は有効と言えますね。

 

蒸しタオルなどを目にあてるだけでも、

 

簡単に目を温めることができます。

 

 

つぼ押しなどでも、目の血行を良くすることは可能ですが、

 

子供さんが自分で行うには、少々難しいかもしれませんね。

 

 

ですが、目を温めたからといって、

 

必ず仮性近視が治るわけではありません。

 

 

あくまでもこれは、目の筋肉の緊張をほぐすための方法で、

 

このことだけで仮性近視を治せるかはわからないのです。

 

 

仮性近視を治す方法は、目薬や視力回復トレーニングなどがありますが、

 

それらと併用して行うと、より効果が得られるはずです。

 

 

また、目を温めて血流を改善させる方法は、

 

疲れ目にもかなり効果があります。

 

 

強度の近視では、なかなか改善するのは難しいですが、

 

目を休ませるという意味で適度に目を温めると、

 

視力の低下を防ぐことができますよ。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?