子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視が進むと乱視になることはありますか?

 

仮性近視と乱視は、同じ目の症状ですが、

 

根本的に見え方が違います。

 

 

仮性近視は、遠くのものが見えにくく、

 

乱視は、距離に関係なく、ぼやけて見える症状が特徴です。

 

 

また、乱視は、はっきり見えるところと、

 

そうでないところが存在します。

 

見る方向によって、乱視は見え方が違うのです。

 

 

さらに乱視は、ほとんどの人が持っていると言われています。

 

 

赤ちゃんの場合には、生まれた時は遠視の状態で、

 

成長するにつれて、はっきり見えてきますから、

 

その成長段階で乱視が出ても不思議ではありません。

 

 

軽度の乱視であれば、見えにくさは感じませんから、

 

気づかないはずです。

 

 

では仮性近視が乱視に移行することはあるのでしょうか。

 

これは、根本的に症状が違うのでないと思います。

 

 

ただし、強度の乱視になると、

 

近視のような見えにくさが出てきます。

 

 

ですから、仮性近視を放っておいて、乱視の症状が強く出てしまうと、

 

「仮性近視が進んで乱視になった」と思われるかもしれません。

 

 

眼科で検査をすれば、視力低下の状態が、

 

仮性近視なのかまたそれ以外なのか、はっきりしますから、

 

子供さんの視力について心配な点があれば、

 

早めに眼科で相談しましょう。

 

 

一番まずいのは、「視力低下=仮性近視」とか、

 

乱視は誰にでもあるからなどといって、

 

子供さんの変化に親御さんが対応しないことです。

 

 

仮性近視が進むとどうなるかということよりも、

 

まずは早めに変化に気づき、専門家に相談することが大切ですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?