子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


姿勢が悪いと仮性近視になりますか?

 

仮性近視の原因の一つに、姿勢が悪いことが上げられます。

 

 

姿勢が悪くても、近くで物を見なければ視力が低下することはないのでは?

 

と思われるかもしれませんが、姿勢が悪いと、それだけで目にかかる負担が大きくなります。

 

 

例えばテレビですが、離れてさえいれば大丈夫だと、寝転んで見ていると、

 

両目のピンと合わせが難しくなり、視力低下が起こりやすくなります。

 

 

片方の目だけ、視力が悪くなるケースは、

 

この姿勢の悪さが原因になっている可能性が高いのです。

 

 

そして、悪い姿勢で物を近くで見ると、

 

仮性近視になる原因となります。

 

 

私たちの目は、距離の近いところで物を見るときに、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋が、

 

かなり緊張した状態となります。

 

 

これは、当たり前のことですから、仕方がないのですが、

 

ずっと姿勢が悪いと、筋肉の緊張もずっと続くことになります。

 

 

さらに、姿勢の悪さが習慣化していると、

 

常に目の筋肉は緊張状態となって、

 

仮性近視になりやすくなります。

 

 

子供の場合、ちょっと前まで視力が良かったのに、こうした原因で、

 

いきなり視力が低下してしまいますから、姿勢が悪いことくらいでと、

 

簡単に考えてはいけません。

 

 

本を読む、ゲームをするなどといった時には、

 

30〜40センチは距離を置いて、正しい姿勢を心がけましょう。

 

 

子供の仮性近視の場合、毎日の生活の中でのちょっとした油断で、

 

いきなり視力が悪くなりますから、注意したいものですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?