子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


子供の仮性近視を早めに気づくにはどうすればいいですか?

 

子供の場合、仮性近視の状態になっていても、

 

自分で気づくことはほとんどありません。

 

 

仮性近視をそのままにしておくと、いつの間にか本当の近視になっていた、

 

というケースが多いので、その変化に周りが気づくことが大切です。

 

 

特に、一番身近にいるのが母親ですから、

 

あなたもお子さんがいるのであれば、

 

様子の変化には敏感でありたいですね。

 

 

もちろん、学校でも定期的に視力検査が行われますから、

 

その結果で視力の低下に気づくことも可能です。

 

 

ですが、最近では、学校での視力検査は年に1回のところがほとんどで、

 

運よくその時に、仮性近視かもしれないとわかればいいですが、

 

そうでない場合には、日頃のチェックがポイントとなります。

 

 

まず、ゲームやテレビなどで長時間目を使っていませんか?

 

定期的に目を休ませる、明るいところで目を使うということを、

 

徹底させるといいですね。

 

 

姿勢が悪いことでも、視力は低下しやすいので、

 

寝転んでテレビや本を読んでいることが多い時には、

 

姿勢を正すように注意しましょう。

 

 

また、目つきの変化でも、

 

視力が低下しているか判断できます。

 

 

近くを見るときは普通でも、

 

遠くやちょっと距離が離れたところを見る時に、

 

目を細めて見ている場合には、物が見えにくい状態と言えます。

 

 

それだけで仮性近視かどうか判断はできませんが、

 

そのような仕草が日常生活の中で頻繁に起こるようであれば、

 

視力が低下している可能性があります。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?