子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


子供に仮性近視が多いのは何故ですか?

 

仮性近視は子供の病気だと、昔から言われていますね。

 

最近では、大人でも仮性近視になりますが、

 

以前は、「子供の視力低下=仮性近視」という

 

イメージがあったほどです。

 

 

仮性近視が子供に多いのは、

 

目や脳の発達が、まだ完成されていないために、

 

周りの影響を受けやすいことにあります。

 

 

目を使いすぎてしまうと、

 

水晶体の厚さを調節している筋肉が緊張してしまい、

 

一時的に物が見えにくい仮性近視となるのですが、

 

子供の場合には、特に筋肉の緊張が起こりやすいのです。

 

 

また、大人と違って眼軸も短いため、

 

目の調節力が弱いです。

 

 

この状況で、ゲーム機などを長時間行えば、

 

視力が悪くなるのは当然ですね。

 

 

さらに、子供の場合には、ゲームなどに夢中になってしまうと、

 

目を休めることもせずに、どっぷりはまってしまいがちです。

 

 

本来は、子供の筋肉というのは、非常にやわらかいために、

 

一定時間筋肉を休ませれば、緊張は簡単にほぐれるはずです。

 

 

それが、子供本人には、目を使いすぎているという自覚がないので、

 

目を休めるということもあまりしません。

 

これでは毛様体筋の緊張を取る機会がなくなってしまいます。

 

 

筋肉の緊張は、解消しなければどんどん強くなりますから、

 

仮性近視がいつの間にか、本当の近視になってしまうことは十分考えられるわけです。

 

 

大人に比べると、視力が低下する要因が格段に多いことが、

 

子供に仮性近視が多い理由と言えるのではないでしょうか。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?