子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視と年齢

 

「仮性近視になりやすい年齢はありますか?」

 

という質問を時々受けますが、

 

特になりやすい年齢はないと思います。

 

 

子供や大人、年齢や性別にかかわらず、

 

仮性近視になる人はいます。

 

 

ただし、仮性近視は、目の中の毛様体筋が、緊張することから起こるので、

 

年齢が若いうちのほうが、回復は早いかもしれません。

 

 

また、仮性近視は子供の近視と思っている人も少なくないので、

 

大人になってから、視力が低下した時は、近視だと思って受診したら、

 

仮性近視だったなんていうこともあるのです。

 

 

以前は、近視というのは、20歳を過ぎたころから低下が落ち着き、

 

仮性近視が出る人も少なかったのですが、最近ではパソコンやゲーム機の普及で、

 

目を酷使する時間がかなり多くなりました。

 

 

大人といえども、目を酷使していれば、

 

毛様体筋が緊張し、見えにくい状態になります。

 

いわゆる仮性近視ですよね。

 

 

つまり、環境の変化で仮性近視になる年齢も、

 

以前とは変わってきているのです。

 

 

しかも、年齢が上がると、訓練や治療をしても、

 

仮性近視が治りにくいケースが多くなります。

 

 

一時的に見えにくい状態ですから、

 

ある程度目を休ませれば視力が回復するのですが、

 

年齢が上がると回復する時間も長くなりがちです。

 

 

さらに、仮性近視とは気づかず、そのまま放置して本当の近視になってしまい、

 

眼鏡やコンタクトレンズを使うことになっている人も多いのではないでしょうか。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?