子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視でメガネをかけたりかけなかったりするのはだめですか?

 

これについては、賛否両論の意見が多いですね。

 

 

仮性近視の場合、メガネをかけたりかけなかったりすると、

 

目に負担が大きくなって、ピントが合わせられなくなる、

 

という意見もあれば、メガネをかけてしまうと、

 

視力が悪くなるという意見もあります。

 

 

ですが、一番大切なことは、水晶体の厚さを調節している筋肉の

 

緊張状態を改善させることです。

 

 

メガネをかけて、物がよく見えるのであれば、目に負担はかかりませんが、

 

見えないままでいると、さらに筋肉の緊張が酷くなります。

 

 

また、仮性近視の場合では、

 

遠くを見ることが難しくなるケースが多いですね。

 

 

近くのものは良く見えるのに、その時にメガネをかけているのでは、

 

余計にピントが合わせにくくなります。

 

 

メガネをかけたりかけなかったりするほうが、

 

目に負担がかかるような気がしますが、

 

そうではなくて、仮性近視のような、

 

遠くが見えにくい時にはメガネをかけて、

 

近くのものを見る時にはメガネをはずすと、

 

目にかかる負担は軽くなります。

 

 

メガネをかけたりはずしたりすることで、

 

視力が悪くなることはまずありません。

 

 

反対に、面倒だからといって、メガネをずっと使い続けていると、

 

本当の近視になってしまう危険性もあります。

 

 

どんな時にものが見えにくいのか、

 

それをしっかりと判断して、その状況に合わせて、

 

メガネを使うことがポイントではないでしょうか。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?