子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視になると手術しなければいけませんか?

 

仮性近視の場合、手術で治療するのは、お勧めできません。

 

何故なら、仮性近視は一時的な視力の低下であって、

 

訓練や治療で十分回復することが可能だからです。

 

 

視力が低下すれば、レーシックのような手術をすると思っている人も多いですが、

 

仮性近視は本当の近視ではないため、手術は不要です。

 

 

医学的にも、仮性近視は「偽近視」と言われ、

 

本当の近視とは区別されていますから、

 

仮性近視で手術を勧める眼科医は、

 

ほとんどいないといってもいいでしょう。

 

 

もちろん、仮性近視の手術ができないわけではありません。

 

ですが、特に子供の仮性近視の場合、手術には年齢制限がありますから、

 

子供の仮性近視の治療法に手術という選択肢は、考えないほうが無難です。

 

 

さらに、目の手術というのは、部分的な麻酔で行うのが一般的です。

 

子供の場合、年齢が達していても、恐怖心が先にたってしまうこともあります。

 

 

仮性近視とは違いますが、私の妹が小学生のころ、斜視の手術をすることになり、

 

全身麻酔で行ったところ、後が大変だったことを覚えています。

 

 

ですから、私個人としても、

 

手術についてはあまりお勧めしません。

 

 

そして、仮性近視の治療は、手術をするしないにかかわらず、

 

絶対に完治するとは限りません。

 

 

一定期間治療をして、効果が得られない場合には、

 

本当の近視に移行している可能性があります。

 

 

仮性近視の治療に関しては、

 

担当の医師とよく相談して行うといいですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?