子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視を放っておくとどうなりますか?

 

仮性近視はそのままにしておくと、本当の近視になります。

 

 

仮性近視は、偽近視と言われていて、病気ではないのだから、

 

本当の近視になるのはおかしいと思われるかもしれません。

 

 

確かにそれも一理あるのですが、どんな病気でも初期症状を甘く見て、

 

そのままにしておくと、どんどん悪化しますよね。

 

 

仮性近視は、目を使いすぎることで、水晶体の厚さを調節する毛様体筋が、

 

緊張状態になってしまい、一時的に視力が低下します。

 

 

緊張した筋肉をほぐすことで、その状態は改善されますが、

 

何もせずにいると、筋肉はどんどん緊張が強くなります。

 

 

筋肉の緊張というと、肩こりなどを思い浮かべる人も多いですが、

 

肩こりもそのままにしておくと、周辺の血行が悪くなって、

 

頭痛や吐き気といった症状が出てきますね。

 

 

仮性近視の場合には、近視が進行する可能性が高くなりますから、

 

一時的な視力の低下が、本格的な視力の低下へと移行してしまうわけです。

 

 

仮性近視に関しては、比較的楽観視している人が多いため、

 

気が付いた時には、本当の近視になっているケースがほとんどです。

 

 

早い段階で対応できれば、仮性近視は治すことができるので、

 

子供さんの仮性近視にどれだけ早く気づくことができるかが、

 

視力回復への近道と言えるでしょう。

 

 

仮性近視は放っておいても治る、

 

こういった考えは持たないほうが無難ですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?