子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視になったら気をつけなければいけないことは何ですか?

 

仮性近視は、早期に発見すれば完治も可能です。

 

目を使いすぎたことで、水晶体の厚さを調節する筋肉が緊張状態になり、

 

一時的にピントを合わせられなくなっているのが、仮性近視ということです。

 

 

あくまでも一時的な症状ですから、その原因を取り除けば、

 

視力が回復するのは当然ですね。

 

 

そこで、仮性近視とわかった時には、

 

まず、目を使いすぎないことに気を配りましょう。

 

 

特に、子供さんの仮性近視というのは、

 

生活の中で原因が潜んでいることがほとんどです。

 

 

本を読む時は、できるだけ明るい場所を選ぶ、姿勢を悪くしない、

 

本から目を離すなどが、重要なポイントです。

 

 

また、ゲーム機の使用は、できるだけ短時間にして、

 

途中で休憩をすることも、目を休ませることになります。

 

 

テレビを見る時も、

 

距離を置いて時間を決めて見るといいですね。

 

 

子供というのは、物事に集中してしまうので、知らず知らずのうちに、

 

目も使いすぎの状態になっているのです。

 

 

初期の仮性近視であれば、本格的な治療をしなくても、

 

これらの気をつけなければならない点を実行するだけで、

 

視力が回復するケースも多いです。

 

 

ちょっとしたことかもしれませんが、それが大切です。

 

子供さん一人では、なかなか難しいかもしれませんから、

 

その時に親であるあなたが、しっかりとサポートしてあげることが必要ですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?