子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視はどれぐらい治療すれば治りますか?

 

仮性近視の治療期間というのは、医師によって違いますが、

 

目薬を使うのであれば、1ヶ月前後で効果がわかります。

 

 

視力回復訓練などでも、1〜3ヶ月行えば、ある程度の効果が現れますから、

 

それを目安に訓練に励んで頂ければいいでしょう。

 

 

初期の仮性近視の場合、数回の訓練やトレーニングで、

 

視力が劇的に回復する可能性もあります。

 

 

仮性近視は、目を使いすぎたことで、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋が緊張状態に陥り、

 

ピントを合わせにくい状態のことをいいます。

 

 

ですから、その筋肉の緊張を取り除くと、

 

視力は回復するはずです。

 

 

訓練や治療を、一定期間行っても、効果が出ない場合には、

 

仮性近視ではないケースが多い(本当の近視である可能性が高い)ので、

 

大体3ヶ月前後で判断する医師が多いです。

 

 

この3ヶ月前後が、仮性近視の治療期間の目安となるでしょう。

 

 

視力回復センターなどでも、仮性近視には効果がありますが、

 

長期間に渡って訓練をするということはありません。

 

 

ある程度訓練を続けても、視力が回復しない場合には、

 

本当の近視と判断され、専用の訓練内容に変わるでしょう。

 

 

さらに、仮性近視の治療中は、

 

日常生活でも目を使いすぎないようにするなど、

 

自分でできることも併用しましょう。

 

 

治療にだけ頼るのではなく、生活習慣も見直すことが、

 

仮性近視を短期間で治すポイントでもあります。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?