子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視は視力回復訓練をすれば治りますか?

 

仮性近視には、視力回復訓練も効果があります。

 

 

仮性近視は、目を使いすぎることで、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋という筋肉が、

 

緊張状態になってしまい、視力が一時的に低下します。

 

 

こうした時に、目を休ませることで筋肉の緊張をほぐすことも大切ですが、

 

視力回復訓練をすることでも、筋肉の緊張を取り除くことができます。

 

 

視力低下の症状は、屈折異常などの本当の近視や、

 

一時的な視力低下の仮性近視がありますが、

 

視力回復訓練は、仮性近視に主に行われます。

 

 

強度の近視の人も、視力回復訓練を行って、

 

視力がよくなったケースもありますが、

 

筋肉の緊張が原因の仮性近視の方が、効果は表れやすいのです。

 

 

また、子供の仮性近視の場合、大人に比べて筋肉が柔らかいため、

 

緊張を取り除くことが比較的容易です。

 

 

もちろん、仮性近視の状態が長く続くと、

 

筋肉も固まってしまい、元に戻る力も弱くなりますから、

 

できるだけ早めに訓練を始めるといいでしょう。

 

 

眼科に受診して、目薬などを処方されるケースもありますが、

 

この場合にも、視力回復訓練を併用して行うと、効果がより現れやすくなります。

 

 

視力回復センターなどに通って、訓練をするのもいいですが、

 

費用が高くなるので、自宅でできる方法でも大丈夫です。

 

 

眼科を受診すると、視力回復訓練について、

 

指導してくれることもありますから、

 

受診時に相談するといいですよ。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?