子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視の裸眼視力

 

裸眼視力というのは、

 

眼鏡などを全くつけない状態の視力のことです。

 

 

私は眼鏡生活がかなり長いので、

 

裸眼視力で測定することはほとんどありません。

 

 

通常の視力検査機は、まったく見えないので、

 

使いものになりませんし(笑)。

 

 

では、仮性近視の場合、どのくらいの裸眼視力を指すのでしょうか?

 

一般的には、裸眼視力が0.7以上と言われています。

 

 

0.7の裸眼視力は、運転免許証の取得や更新に必要な値で、

 

物をきちんと見ることができる、という最低限の数値です。

 

 

裸眼視力が0.7以上あれば、

 

とりあえず生活に支障はないということなのでしょう。

 

 

視力が悪い人でも、訓練や治療によって、裸眼視力が0.7に達すると、

 

視力が回復したとみなす眼科医もいます。

 

 

ただし、裸眼視力が0.7だからと言って、

 

仮性近視が回復したという確実性はありません。

 

できれば、1.0以上の裸眼視力がほしいですね。

 

 

子供の仮性近視の場合は、子供さんの年齢が低いと、

 

視力検査機の見方がよくわからず、

 

きちんとした数値が出ないことがあります。

 

 

高学年になっても、あまり裸眼視力がよくないということであれば、

 

仮性近視の可能性が高いですし、本当の近視かもしれません。

 

 

子供の仮性近視は、近くにいる親がその様子に気づき、

 

早めに対応することが大切です。

 

 

年齢が低いうちは大丈夫、というのではなく、

 

心配なことがあれば、一度眼科を受診するといいですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?