子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視は眼科で治療すれば治りますか?

 

仮性近視は、眼科で治療すれば治る確率は高いです。

 

 

仮性近視というのは、目を極端に使いすぎて、

 

水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

緊張してしまうことで視力が低下します。

 

 

従来の近視とは違って、一時的な状態が仮性近視ですから、

 

その原因を取り除くことで、視力は回復するのです。

 

 

ただし、ここで気をつけなければならないのは、

 

その状態が仮性近視なのか、本当の近視なのかが

 

素人にはわからないことです。

 

 

仮性近視を改善させるには、筋肉の緊張を取り除けばいいのだから、

 

しばらく目を休ませることが大切なのですが、仮性近視なのかという判断は、

 

専門家でなければわかりません。

 

 

「子供の視力低下=仮性近視」と思い込んで、

 

眼科に行かず様子を見ることは、あまりよろしくないことです。

 

 

さらに、仮性近視は本当の近視ではないから、

 

そのまま様子を見れば治ってしまうかも、

 

という楽観視もお勧めできません。

 

 

また、すぐにメガネをかけさせようとするのも、慌てすぎです。

 

眼科では、まず仮性近視の治療を行い、その経過しだいで後の治療が決まります。

 

 

治療の様子しだいでは、仮性近視でないかもしれませんし、

 

対応が遅くなると、本当の近視に移行してしまう可能性もあります。

 

 

仮性近視であれば、眼科での治療で早めの回復が見込めますから、

 

子供さんの視力の異常を感じたら、まずは眼科受診が妥当ですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?