子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


つぼ指圧

 

仮性近視は、筋肉の緊張状態が続き、一時的に視力が悪くなる症状ですが、

 

筋肉の緊張をほぐすために、つぼ指圧も効果があります。

 

 

目の周りは、骨がくぼんでいるところが多いですね。

 

実は、こうした部分というのは、血流が悪くなりがちなのです。

 

 

また、仮性近視の場合、筋肉の緊張をほぐすには、

 

マッサージをするよりも、つぼを刺激する方が、

 

効果が出やすいとも言われています。

 

 

軽度の仮性近視であれば、

 

数回つぼを刺激するだけで完治できるケースもあります。

 

 

目の周りには、つぼが多く存在しているので、

 

これらを適度に刺激することで、仮性近視の治療が可能です。

 

 

さらに、つぼ指圧の場合には、

 

専門機関にいかなくても自宅でできますから、費用もかかりません。

 

 

自分で行うのが不安な人は、

 

専門家に聞いてみるのもいいですね。

 

 

ただし、つぼ指圧は子供の場合、

 

力が強すぎることがあります。

 

 

つぼの場所も良く知らずに、

 

目をついてしまうこともあるかもしれません。

 

 

ですから、つぼ指圧は、親御さんが行うのが妥当です。

 

痛みを感じるまで力を加える必要はありませんし、

 

指圧の時間も短時間で大丈夫です。

 

 

長い時間圧をかけると、逆効果になりますから、

 

様子を見ながら行うといいでしょう。

 

 

また、つぼ指圧だけでなく、そのつぼをとんとんと軽くたたくことも、

 

血行をよくする効果があります。

 

 

指圧が苦手な子供さんには、

 

こうした方法を使うのもアイデアかもしれませんね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?