子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


鍼治療

 

仮性近視は、鍼治療も有効です。

 

 

特に仮性近視というのは、水晶体の厚さを調節する毛様体筋が、

 

緊張したままの状態になって、一時的に視力が悪くなるものですから、

 

つぼを刺激することで血行を良くする鍼治療は、非常に適しているのです。

 

 

仮性近視だけでなく疲れ目などにも、

 

効果は高いと言えます。

 

 

ただし、鍼治療を子供さんに行う場合、年齢制限があります。

 

小学校1年生(6歳)以上でなければ、

 

鍼治療を行うことはできません。

 

 

また、鍼治療を受けることに関して、

 

当の本人が納得していることも重要です。

 

 

鍼治療はほとんど痛みがなく、子供でも受けることが可能ですが、

 

やはり鍼を見てしまうと、恐怖感が出てくる可能性が高いです。

 

 

いくら痛くないと言われていても、鍼を刺すということ自体が、

 

子供にとっては恐怖なのかもしれません。

 

 

ですから、針治療で仮性近視を回復させようとする場合には、

 

親が言いきかせるだけでは難しいのです。

 

 

そして、鍼治療は、保険が使えません。

 

治療院によって費用も若干違いますが、

 

1回の施術料金は、3,000〜4,000円のところが多いようです。

 

 

効果を実感するのが、早くても数回の施術後ですから、

 

ある程度の費用が必要ですね。

 

 

最近では、鍼治療といっても、

 

鍼を刺さずに行う治療法も行われています。

 

 

金属の鍼をつぼに当てて、微弱電流を流し血行をよくするものですが、

 

無痛ですから、子供にも適しているとのことです。

 

 

近くに治療院があれば、一度問い合わせてもいいですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?