子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


電気治療

 

仮性近視の治療には、電気治療も有効とされています。

 

 

仮性近視の電気治療は、通電療法とも呼ばれ、

 

文字通り電気を通すことで、視力を回復させる方法です。

 

 

「目に電気を通すって、どんな風に?」と思われそうですが、

 

仮性近視の場合、水晶体の厚さを調節する筋肉の緊張が原因ですから、

 

電気を使うことでそのコリをほぐすことが可能です。

 

 

少しぴりぴりした感じがありますが、

 

痛みはないとのことです。

 

 

子供の場合には、筋肉が柔らかいので、

 

電気治療はかなり効果があるようです。

 

 

仮性近視に試す価値はありそうです。

 

 

電気治療は、仮性近視に効果が高いのですが、

 

保険の適用ができないので、1回ごとの費用は実費となります。

 

1回の治療費は、1,000円前後と考えておけばいいでしょう。

 

 

電気治療は、毎日行うのではなく、週に1〜2回です。

 

症状の改善しだいでは、間隔がもっと広がります。

 

うまく効果が出れば、費用の負担も軽くなりますね。

 

 

ただし、電気治療を行っている眼科の数は、

 

かなり少ないのが現状です。

 

 

これは、眼科医の中で、電気治療についてあまり積極的でない割合が高く、

 

視力はメガネやコンタクトレンズで矯正すればいいという考え方が主流だからです。

 

 

また、電気治療が必ず仮性近視に効果が出るとは限りません。

 

合わないケースもあるとのことですから、

 

まずは電気治療を行っているクリニックを探して、

 

問い合わせてみるといいですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?