子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


レーシックなどの手術をする

 

レーシックとは、特殊な機械(エキシマレーザー)を使って角膜を削り、

 

角膜の形を変えることで屈折力を修正する手術です。

 

 

以前はその安全性が問われていましたが、

 

最近では厚生労働省の認可も受けているので、

 

安心して手術を受ける人が多くなっています。

 

 

確かに、強度の近視の人が、レーシック手術によって、

 

裸眼でも物がはっきり見えるという状態になりますから、

 

検討する余地はあるかもしれません。

 

 

「レーシックは仮性近視でも受けられるのか?」と思うでしょうが、

 

受けることは可能です。

 

 

ですが、仮性近視は治療やトレーニング、また仮性近視の原因を取り除くことで、

 

視力が回復しやすいことから、仮性近視でレーシックを受ける人の数は少ないです。

 

 

さらに、レーシックは年齢制限がありますから、

 

子供の仮性近視には、ほとんど用いられることがありません。

 

 

また、費用の面でも、レーシックは保険の適用がありません。

 

費用はクリニックによって様々で、費用が安いところを選んで、

 

トラブルが起きることも報告されています。

 

 

レーシックを受ける場合には、手術の経験豊富なクリニックを探し、

 

しっかりカウンセリングを受けて不安をなくすことが、重要だと言えるでしょう。

 

 

子供の仮性近視は、レーシックでなくても治療法がありますから、

 

医師と相談しながら進めていくのが妥当ではないでしょうか。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?