子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


超音波や低周波などの機器を使う

 

仮性近視の治療法には、

 

超音波や低周波を使ったものもあります。

 

 

超音波を使った治療器は、ソニマックやミオピア、アイパワーなどがあって、

 

これらは医療用具の製造承認を受けているので安心です。

 

 

 

 

低周波治療器で知られているのは、

 

肩こりや腰痛を改善させるためのものが多く、

 

仮性近視の治療にはあまり耳にしたことがないかもしれませんね。

 

 

超音波や低周波治療器は、目の筋肉をほぐす効果が得られ、

 

筋肉の緊張で一時的に視力が低下する仮性近視には有効だと言われています。

 

 

確かに、ソニマックなどは一定の効果があると言われています。

 

 

ですが、こうした治療で、注意しなければならないのは、

 

使おうとしている治療器が医療用具の承認を受けているどうか、確認することです。

 

 

しかも、低周波治療器に関しては、仮性近視の治療に用いることを、

 

疑問視している眼科医もいて、安易な使用は逆効果となるかもしれません。

 

 

そして、これらの治療器は、価格も高めです。

 

 

通院して治療する手間を考えても、

 

1台数万円する治療器を購入するのは、

 

簡単ではありません。

 

 

特に低周波治療器は、仮性近視の治療に適したものを使わなければ、

 

目の疾患を引き起こすことも考えられるので、使用を検討している人は、

 

前もって眼科などで相談してみるといいですね。

 

 

さらに、使用中は定期的に眼科を受診して、

 

目に過剰な負担がかかっていないか確認すると安心です。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?