子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


オルソケラトロジーを使う

 

オルソケラトロジーとは、視力回復コンタクトとも呼ばれ、

 

眠る前に特殊なコンタクトレンズを装着し、

 

そのまま眠ると翌朝には視力が回復している視力矯正方法です。

 

 

子供は大人に比べて角膜が柔らかいため、

 

特殊なコンタクトレンズで圧迫することで、

 

角膜が突出することを予防して、視力を回復させるのですが、

 

仮性近視の場合は、短期間の使用で視力が回復することがあります。

 

 

視力の回復に、手術をする場合もありますが、

 

オルソケラトロジーは手術も不要なので、手軽な治療法と言えます。

 

 

眠っている間の治療ですから、自宅でできるのがメリットですが、

 

子供の場合、コンタクトレンズを装着することを嫌がるかもしれません。

 

 

また、睡眠中といっても、目がまったく動かないわけではなく、

 

レム睡眠の状態では、目はぐるぐると動きます。

 

 

つまり、睡眠時間が長い子供さんは、レム睡眠状態も多くなるため、

 

角膜を傷つけてしまうリスクも高くなります。

 

 

また、寝返りが多い子供さんも、

 

オルソケラトロジーは向いていないかもしれませんね。

 

 

そして、オルソケラトロジーは費用も高くなります。

 

保険の範囲では適用されないため、眼科によって違いが出てきます。

 

 

使うコンタクトレンズも、一定期間で交換が必要ですし、

 

毎日のレンズの管理に関しても、維持費が必要となります。

 

 

興味がある人は、まず眼科で詳細を問い合わせてから検討しましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?