子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


コンタクトレンズを使う

 

コンタクトレンズは、めがねと同様、仮性近視の治療に使われます。

 

見えない状態を続けて、より目に負担をかけるよりも、

 

きちんと合ったコンタクトレンズを使うほうが、目の負担が軽くなります。

 

 

めがねは、目からレンズの距離が離れているので、

 

きちんと合ったメガネを使用しないと、視力が悪くなる可能性があります。

 

 

また、めがねの場合には、見える範囲が限られてしまうので、

 

視界の広さや、視力の安定性といった部分では、

 

コンタクトレンズのほうが有効と言われています。

 

 

価格についても、最近ではコンタクトレンズとめがねでは、

 

大きな違いがなくなってきているので、視力が悪くなりにくい点では、

 

コンタクトレンズを使う人が多いのです。

 

 

ただし、子供の仮性近視の場合、

 

コンタクトレンズの使用は、あまりお勧めできません。

 

 

これは、めがねに比べてコンタクトレンズは、

 

目に負担が大きいためです。

 

 

最近では、使いやすく目への負担が軽いコンタクトレンズもありますが、

 

つけたまま眠ってしまい、角膜を傷つける可能性も決して低くはないのです。

 

 

さらに、コンタクトレンズは、装着している時にごみが入ると、

 

かなりの激痛となります。

 

 

使いやすさや安全性を考えると、

 

コンタクトレンズは子供の仮性近視の治療に、

 

向いていないと思われます。

 

 

どうしてもコンタクトレンズを使いたいという希望があれば、

 

担当の医師とよく相談しましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?