子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視のメカニズム

 

私たちが物を見る時には、もちろん目を使っていますが、

 

この目の中に、物を見るレンズの役割を持った水晶体が働いています。

 

 

この水晶体の厚さを調節することで、

 

遠くのものや近くのものを見分けているのです。

 

 

水晶の厚さを厚くすると、近くの物がよく見えますし、

 

反対に薄くすると、遠くの物がよく見えるようになります。

 

 

また、網膜の表面で焦点を合わせることも大切です。

 

カメラに例えれば、ピント合わせの作業ですね。

 

 

仮性近視の場合、このピント合わせを行っている毛様体筋の働きが、

 

一時的に悪くなっているのです。

 

 

特に、近くのものをずっと見続けていると、

 

毛様体筋は緊張したままの状態となります。

 

 

筋肉が緊張した状態は、筋肉が硬くなってしまっているので、

 

水晶体の調節も、うまくいかなくなります。

 

 

この一時的な視力低下が、仮性近視ということになります。

 

調節痙攣という表現をする眼科医もいますね。

 

 

仮性近視は、この筋肉の緊張を取り除くと、視力は回復します。

 

緊張を取り除く方法は、病院によって様々ですが、

 

仮性近視であれば、ほとんどの確率で回復できるでしょう。

 

 

ただし、仮性近視を放置すると、緊張したままの毛様体筋は、

 

緩むことができませんから、本当の近視になってしまうケースも考えられます。

 

 

仮性という言葉に、一時的なものというイメージを抱きますが、

 

あくまでも、「現在は仮性」ということを忘れないようにして、

 

早目の対応をしましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?