子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


マジカルアイを使う

 

マジカルアイは、目の焦点を意識的に前後にずらして、

 

立体的に画像を見ることができるステレオグラムを集めた書籍です。

 

 

 

 

現在までにかなり多くの種類が発売されている人気の商品です。

 

本屋さんに行けば、必ずといっていいほど目にするのではありませんか?

 

 

ちょっと見ただけでは、なかなか立体画像を見ることはできませんが、

 

立体視を行うことは、緊張している目の筋肉をほぐす作用があるので、

 

仮性近視のトレーニングとしては適していると言えます。

 

 

マジカルアイでは、右目で右の画像を、左目で左の画像を見る「平行法」と、

 

右目で左の画像、左目で右の画像を見る「交差法」があります。

 

 

最初は難しいかもしれませんが、画像が浮かび上がってきた時には、

 

思わず「おお〜っ」と声を上げてしまいますよ。

 

 

1冊500円前後で購入できるものもありますから、

 

試してみる価値はありですね。

 

 

インターネットでも、マジカルアイの画像を見ることができますから、

 

本を購入しなくても訓練できますよ。

 

 

ただし、コツをつかめないと、

 

子供の場合は飽きてしまうかもしれません。

 

 

実際に、私もきちんと立体視ができるようになるまでには時間がかかりましたし、

 

息子もうまくできないと、すぐやめてしまうこともありました。

 

 

今では、コツをつかめたせいか、自分から挑戦しています。

 

難しい様子が見受けられたら、お母さんがアドバイスしてあげましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?