子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


アイマスクを使う

 

アイマスクと聞くと、仮性近視の治療とは関係がないと思われがちです。

 

もともとアイマスクは、疲れた時の熟睡グッズとして活用されていました。

 

 

アイマスクをすることで、目の中に光が入りにくくなり、

 

よく眠れるようになります。

 

 

実は仮性近視の場合も、

 

目の疲れが原因で起こる可能性が高いです。

 

 

目の疲れを取ることで、緊張状態になっていた

 

水晶体の厚さを調節する筋肉も休ませることができるので、

 

初期の仮性近視には非常に効果があります。

 

 

また、アイマスクの中に遠赤外線を発生させる素材を使ったものもあって、

 

これは温めることで目の血行が良くなり、仮性近視に限らず使う人が増えています。

 

 

そして、仮性近視の治療によく使われているアイマスクで、

 

ピンホールアイマスクというものがあります。

 

 

これは、小さな穴がいくつもあいているアイマスクで、

 

その小さな穴から物を見ることで、

 

視力を回復させる効果が期待できます。

 

 

子供の仮性近視の場合、機械を使う治療は、嫌がるケースが多いのですが、

 

こうしたアイマスクであれば、つけておくだけなので子供が嫌がりません。

 

費用も数千円ですから、購入しやすいでしょう。

 

 

ただし、アイマスクを使ったからといって、

 

必ず仮性近視が治るわけではありません。

 

目の疲れが取れてすっきりするのは確かですが。

 

 

アイマスクだけで仮性近視を治せるわけではありませんが、

 

他の治療方法と合わせて、自宅で簡単にできますからやってみるといいですね。

 

ピンホールアイマスクの公式サイトはコチラ!

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?