子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


ソニマックを使う

 

仮性近視の治療で使われるソニマックとは、

 

超音波で水晶体の厚さを調節している筋肉をほぐす器具です。

 

 

※下の画像をクリックすると詳細が出ます。

 

 

水晶体の厚さを調節している毛様体筋は、

 

目を使い続けることで緊張状態となり、

 

一時的に視力が低下してしまいます。

 

 

これがいわゆる仮性近視ですね。

 

 

ソニマックを目の表面に当てると、超音波が眼球の奥まで振動を伝えて、

 

筋肉のコリをほぐしてくれる仕組みになっています。

 

 

マッサージ器のような役割と考えてもらえればわかりやすいでしょう。

 

 

また、網膜の血行もよくなりますから、

 

物がくっきり見えるという効果も期待できます。

 

 

ソニマックは、厚生省の認可を受けている医療用具なので、

 

安心感もありますね。

 

 

ただし、ソニマックによる仮性近視の治療は、

 

眼科に通ったときだけの実施では、

 

大きな効果はないかもしれません。

 

 

ソニマックはもともと、自宅でも視力回復のトレーニングができるように、

 

開発されたもので、自分で購入するケースもあるのです。

 

 

使い方も簡単で、子供から大人まで使えるということに加えて、

 

副作用も一切ありません。

 

 

仮性近視だけでなく、疲れ目の防止にもなるので、

 

使う価値はあるかもしれません。

 

 

ただし、費用が7〜8万円となってしまうので、

 

仮性近視の治療だけのために購入するのはちょっと考えてしまいますね。

 

 

ソニマックを使って、仮性近視の治療に効果が出るようであれば、

 

どうやって活用するかを担当の医師に相談してみてはいかがですか。

 

楽天でのソニマックの最安値はコチラ!

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?