子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


ワックを使う

 

仮性近視の治療には、

 

ワックという機械を使って行うケースもあります。

 

 

ワックは、双眼鏡のような感じで、機械の中を覗き、

 

そこにある景色を見るものです。

 

 

仮性近視は、水晶体の厚さを調節する毛様体筋の働きが緊張してしまい、

 

一時的に見えにくい状態になってしまいます。

 

 

ワックの中を覗くと、遠くの景色が近づいたり遠くなったりします。

 

それを目で追うことで、目の筋肉の緊張がほぐれ、視力回復が期待できるわけです。

 

 

もともとワックは、仮性近視の治療をするために開発されたものではありません。

 

眼科で行われる目の検査の前に、目の緊張を取るための機械でした。

 

 

仮性近視の治療で使用すると、一定の効果が得られるとのことから、

 

最近ではほとんどの眼科に設置されているようです。

 

 

仮性近視の治療としてのワックは、

 

簡単な視力回復訓練と同じですから、

 

誰でも手軽に行うことが可能です。

 

 

年齢の低い子供でも、難しいことがないので

 

抵抗なく実施できるのがメリットでしょう。

 

 

ただし、ワックを使うことが、

 

必ず仮性近視を解消させるという保障はありません。

 

しかも、定期的に眼科に通わなければなりません。

 

 

ワックは、購入することもできますが、7〜10万円もかかるので、

 

安易に手に入れるというわけにはいきませんね。

 

 

ワックは仮性近視の治療だけでなく、

 

目の疲れを取るという点でも効果があるので、

 

金銭的に余裕があり、たびたび目の疲れで悩んでいるというのであれば、

 

検討してもいいかもしれません。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?