子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


めがねを使う

 

仮性近視の治療として、めがねを使うこともあります。

 

 

仮性近視は、本当の近視ではないのだから、

 

めがねをかける必要はないと思う人も多いかもしれません。

 

 

ですが、見えにくい状態を続けていることは、

 

目に負担をかけ続けているのと同じです。

 

 

仮性近視は、水晶体の厚さを調節する筋肉の緊張が解消されないことで起こるので、

 

めがねをかけて目の緊張を取ることも治療の一つと言えます。

 

 

めがねをかけてしまったら、もっと視力が悪くなるのではないかと、

 

親御さんは心配するかもしれません。

 

 

子供の視力は、大人の約3倍の速さで低下するのだから、

 

めがねをかけたとたん、視力低下が始まると思い込んでいる人も少なくないでしょう。

 

 

ですが、目の状態に合っためがねを使用していれば、

 

目が悪くなることはありません。

 

 

しかも、仮性近視ですぐにめがねをかけるということはありませんし、

 

最初は目薬などを使うはずです。

 

 

目薬などを使っても、なかなか改善されない時には、本当の近視かもしれませんし、

 

できるだけ目の負担を取るという意味で、めがねを使います。

 

 

めがねをかけるということに、抵抗感があるかもしれませんが、

 

矯正して視力が出る場合には、物を見る力がないわけではありませんから、

 

めがねの使用について、あまり否定的にならないほうがいいでしょう。

 

 

お子さんにどうしてもめがねをかけさせたくないという人は、

 

それを担当の医師に伝えて、相談しながら治療を行いましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?