子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


目薬を使う

 

子供の視力は、大人の約3倍の速さで低下しやすいとのことです。

 

仮性近視といっても、そのままにしておくと本当の近視になってしまいますから、

 

早めの対応が改善のコツとも言えますね。

 

 

仮性近視は、治療や訓練をすることで回復する可能性が高いです。

 

仮性近視の治療法として、よく用いられているのが、目薬を使う方法です。

 

 

目薬は、仮性近視の検査でも使われていて、

 

瞳孔を開く作用があります。

 

 

仮性近視の治療では、

 

ミドリンやサンドールという目薬が主に使われています。

 

 

治療の方法ですが、夜眠る前に目薬を点します。

 

すると眠っている間、瞳孔が開いて、

 

水晶体の厚さを調節している毛様体筋の緊張が、

 

ほぐれるようになります。

 

 

朝起きた時には、筋肉の緊張が取れているので、

 

視力が回復するようになります。

 

 

目薬を点すだけなので、簡単に治療ができることや、

 

子供さんが目薬を嫌がる場合でも、

 

眠ってから点すことができますね。

 

 

ただし、目薬の使用は、長期に渡ると副作用として、

 

目の調節機能が弱くなることがわかっているので、

 

担当の医師からの指示をしっかりと守ることが重要です。

 

 

また、朝起きてからも、目のまぶしさを頻回に訴えるようであれば、

 

これも相談したほうが無難です。

 

 

こうした目薬は、市販されていませんので、

 

眼科を受診する必要があります。

 

 

費用は保険が適用されますから、

 

他の仮性近視の治療よりは、心配ないでしょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?