子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


学校での視力検査

 

子供の視力が低下していることに気づく結果となっているのが、

 

学校での視力検査ではないでしょうか。

 

 

私が子供のころが、学校での視力検査の結果は、0.1刻みで表示されていましたが、

 

今ではA〜Dという4つの段階で判定されています。

 

 

こんな表示ではきちんとした数値がわからない、という親御さんもいますが、

 

子供の場合、目を凝らすと視力が変わりやすいために、あえて細かな表示はしていません。

 

 

視力が1.0以上であればA判定となり、

 

B判定は視力が0.7〜0.9となっています。

 

 

C判定は視力が0.3〜0.6で、

 

D判定は視力が0.2以下と言うことですから、

 

仮性近視の疑いが強いのはB判定ということになりますね。

 

 

仮性近視は、一時的な視力の低下ですから、

 

治療や訓練をすれば、回復できる見込みがあります。

 

 

B判定という結果が出たら、

 

早めに眼科を受診しましょう。

 

 

視力が0.7を下回ると、教室の一番後ろからは

 

黒板の字が見えない状態となります。

 

 

つまり、C判定の状態ですね。

 

 

D判定では、かなり見えにくい状態ですから、

 

仮性近視というよりも本当の近視の可能性が濃くなります。

 

眼鏡やコンタクトレンズなどでの矯正が必要かもしれません。

 

 

ただし、学校での視力検査は、

 

年に1回しか行われないケースがほとんどです。

 

 

去年はA判定だったから、と安心していても、

 

子供の視力は急激に変化しますから、

 

普段の様子を細かく観察しましょう。

 

 

目を細めて物を見ていることが目立つようであれば、

 

眼科での視力検査をお勧めします。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?