子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


眼底検査

 

眼底検査と聞くと、なんだかものすごい検査のような気がしますが、

 

そうでもありませんから安心してくださいね。

 

 

眼底検査は、仮性近視の検査というよりも、

 

仮性近視の検査のために瞳孔を開く点眼薬を使用した際に、

 

眼底の神経や血管、網膜に異常がないか調べる検査です。

 

 

眼底の様子は、瞳孔が開いている時にしか見ることができないので、

 

点眼薬を使って瞳孔を開かせた時に、併せて検査をすることが一般的です。

 

 

眼底検査では、緑内障の早期発見や、高血圧や動脈硬化など、

 

生活習慣病の早期発見にも、かなり有効です。

 

 

もちろん、子供のうちからそんな病気があるとは思えませんが、

 

仮性近視の検査を受けた場合には、眼底検査も受けておいたほうが無難です。

 

 

大人であれば、とても重要な検査になりますから、私個人としては、

 

仮性近視の検査のために瞳孔を開かせるよりも先に、

 

眼底検査を優先させて欲しいですね。

 

 

眼底検査の場合も、瞳孔を開かせることになりますから、

 

検査後はまぶしさや、物がぼやけたりしますから、

 

運転や仕事、勉強には適していません。

 

 

薬によっては、数時間その状態が続きますから、

 

検査を受ける時には、担当の医師の説明をよく聞いておきましょう。

 

 

仮性近視に限らず、目の検査というのは、普段なかなか受けませんから、

 

使う点眼薬が同じ時には、医師からも検査の勧めがあるかもしれません。

 

そんな時は受けておくといいでしょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?