子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


屈折検査

 

屈折検査とは、物を見る時に、

 

ピントがどこで合っているかを検査するものです。

 

 

屈折検査は視力の低下で眼科を受診すると、

 

必ずといっていいほど行われる検査です。

 

 

視力検査は、学校でも行われていますが、これとは違います。

 

機械の前に座り、あごと額を固定して中にあるもの(絵などが多いですね)を覗きます。

 

 

自分はそのままでいいのですが、

 

この時に遠視や近視、乱視などの屈折異常があるか、

 

検査をされているわけです。

 

 

私も経験がありますが、気球などが浮かんでいる絵をじっと見ているうちに、

 

近視の度合いが判定されて、「どうやって検査しているんだろう?」と驚きました。

 

 

ですが、ただ絵を見ているだけなので、

 

子供の場合は怖がることもなく、

 

スムーズにできる検査と言えますね。

 

 

仮性近視の検査方法にある点眼薬を使った検査でも、

 

この屈折検査が併用されます。

 

 

子供の場合には、何か物を見ようとする時に、

 

かなり目を凝らしてしまう傾向があって、

 

点眼薬を使わない屈折検査では、

 

屈折力が正しく検査できないケースもあるようです。

 

 

ですから、屈折検査だけで仮性近視かどうか判定するのは難しく、

 

他の方法と合わせて行われるのが一般的です。

 

 

仮性近視だと思って、屈折検査をしたところ、

 

遠視や乱視がわかったということも多く、

 

一度きちんと受けておくと安心かもしれませんね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?