子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


点眼薬法

 

仮性近視は、目を使いすぎることで、

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋という筋肉が、

 

緊張した状態になることで視力が低下します。

 

 

緊張を解消すれば、視力は元に戻るのですが、

 

その視力の低下が仮性近視によるものなのかということは、

 

検査をしなければはっきりしません。

 

 

そこで眼科では、仮性近視の検査で、

 

点眼薬を使った方法をとることがあります。

 

 

この検査に使われる点眼薬は、

 

水晶体の厚さを調節する力を麻痺させるので、

 

その状態で屈折力の検査を行います。

 

 

仮性近視や筋肉の緊張の状態を調べる際に、

 

よく使われる方法といってもいいでしょう。

 

 

毛様体筋の緊張は、時間が経てば解消されますから、

 

一定時間が経過した後、視力検査を行って、

 

視力が回復していれば仮性近視ということになるんです。

 

 

そして、時間が経過しても視力が戻らないのであれば、

 

本当の近視であると診断できます。

 

 

点眼薬法は、瞳孔を開くことになるので、まぶしさを感じることや、

 

ぼやけて見えないくい状態になります。

 

 

もちろん、時間が経てばそれも解消されますが、

 

点眼薬法を受ける場合には、検査後に目をよく使うこと、

 

例えば運転や勉強などは控えたほうがいいでしょう。

 

 

子供の仮性近視の検査も同様で、

 

検査後に授業を受けることは難しいので、

 

金曜の午後などに受ける人が多いようです。

 

 

子供の場合、瞳孔が開くとかなり見えにくさを感じるようですから、

 

そのあたりは親御さんが時間を考えてあげるといいですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?