子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


仮性近視の症状

 

私たちの眼というのは、近くのものを見ようとする時に、

 

毛様体筋という筋肉が、働いて角膜を厚くします。

 

 

短い時間であれば、その毛様体筋はすぐに元に戻るのですが、

 

ゲームやパソコンなど、目を使いすぎる時間が長くなると、

 

毛様体筋が緊張したままになってしまいます。

 

 

その結果、近くのものが見えにくいという

 

仮性近視になってしまうわけです。

 

 

仮性近視の症状としては、遠くのものがぼやける、近くが見えにくいといったものがあり、

 

子供の場合には、目を細めてテレビなどを見るしぐさが特徴とも言えるでしょう。

 

 

実際に、私が子供のころ仮性近視とわかったのも、

 

私が目を細めてものを見ていたのを、

 

母が気づいたことがきっかけです。

 

 

また、私の息子も、目を細めてものを見ていたので、

 

すぐにわかりました。

 

 

目を細めるだけでなく、顔の角度を変えてテレビを見るしぐさも、

 

仮性近視の判断材料となるでしょう。

 

 

そして仮性近視は、症状が現れた時に、ある程度目を休めることで、

 

毛様体筋の緊張がほぐれ、視力が回復します。

 

 

もちろん、そうした筋肉の緊張状態が長くなればなるほど、筋肉が回復する時間がかかり、

 

見えにくい状態も長引いてしまいますから、普段の生活の中でも、

 

目を使いすぎないように配慮しなければなりません。

 

 

さらに、仮性近視と言われても、詳しい検査の結果、

 

本当の近視である可能性も少なくありませんから、

 

「仮性」なら安心、ということはありません。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?