子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


雲霧法

 

仮性近視は、検査をすればそれが仮性近視かどうか、

 

判断することが可能です。

 

その一つに、雲霧法があります。

 

 

雲霧法は、一時的に目を疲労させた状態にして、

 

その回復状況で仮性近視かどうか判断する、

 

昔から行われている検査です。

 

 

目を疲れさせて、時間が経った時に筋肉の緊張が取れ、

 

視力が回復すれば仮性近視、そうでなければ本当の近視かも、

 

ということがわかるわけです。

 

 

度の合わない眼鏡などを装着して、一定時間おき、

 

その後に屈折検査を行う方法です。

 

 

眼科であれば、目薬などを使った検査もありますが、

 

そういう検査が行えないところで、よく使われています。

 

 

さらに、子供の仮性近視の検査では、機械や薬を用いるよりも、

 

こうした雲霧法のような簡単な検査のほうがうまくいくケースも多いのです。

 

 

年齢が低くなればなるほど、

 

できるだけ抵抗感のない検査方法が適していますから。

 

 

また、雲霧法は、仮性近視の回復トレーニングとしても有効です。

 

視力回復トレーニングの中に、組み込まれていることがよくありますから、

 

ある程度の効果は期待できるのではないでしょうか。

 

 

仮性近視の場合、症状に気づいたら、

 

早めに対応することがとても重要です。

 

 

仮性近視と本当の近視は、検査をしなければ区別がつかないので、

 

見えにくさに気づいたら、早めに検査を受けましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?