子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


一時的なもの

 

仮性近視というのは、医学的には

 

「本当の近視ではない」という扱いになっています。

 

 

これは、水晶体の厚さを調節する筋肉の緊張が一時的に起こっているからで、

 

筋肉の緊張を取り除けば、視力が回復することからそういわれているのです。

 

 

仮性近視のことを、「偽近視」と正式には呼ぶようですから、

 

まさに本当の近視ではありませんね。

 

 

例えば、パソコンやゲームなどで、長時間目を使いすぎると、

 

目の前がぼやけたりしますが、ちょっと目を休めれば、

 

またすぐに見えるようになるのが、仮性近視ということになります。

 

 

近くのものを長時間見続けることで、水晶体の厚さを調節する筋肉が、

 

緊張している状態ですね。

 

 

ただし、この一時的な筋肉の緊張状態が、続いたままになっていると、

 

仮性近視ではなく本当の近視になってしまう可能性が高いですから、

 

症状を感じたら早めに対応しなければいけません。

 

 

仮性近視は近視ではないのだし、

 

目を休ませれば視力も戻るからと安心しがちですが、

 

筋肉の緊張は繰り返して起こるようになります。

 

 

その頻度が高くなれば、仮性近視から眼精疲労などが起こりやすくなり、

 

本当の近視になってしまうかもしれません。

 

 

仮性近視の原因が一時的なものであっても、

 

それをその都度解消しておくことはとても重要です。

 

 

また、仮性近視にならないような予防も必要です。

 

一時的に見えにくい状況を楽観視しすぎないことも大切ですね。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?