子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


生活リズムの乱れ

 

仮性近視は、生活のリズムが乱れることでも起こりやすくなります。

 

私たちの目というのは、眠っているとき以外は動いているので

 

(実は眠っているときにも動いていますが)、普通に生活をしていても疲れています。

 

 

一定の睡眠時間が確保できていれば、

 

目を休ませる時間も取れるわけですから、

 

睡眠時間が短いと、それだけ目を酷使している結果となります。

 

 

眠る時間が遅いということも、目を疲れさせる原因となりますから、

 

早く寝るという習慣も重要ですね。

 

 

また、長時間ゲームをする、暗い場所で本を読むなども、習慣化してしまうと、

 

気づかないうちに仮性近視になってしまうかもしれません。

 

 

一日のうちで、読書やゲームの時間を決めて、

 

さらにできるだけ明るい場所で、

 

それをするように気をつけましょう。

 

 

子供の場合、夢中になるといつの間にか姿勢が悪くなっているケースが多いので、

 

周りの人が様子を見ることも大切です。

 

 

そして、朝食を食べない、偏食が多いというのも、

 

仮性近視の原因に挙げられます。

 

 

バランスのよい食事は、目の健康にも非常に有効です。

 

 

偏食が激しいと、目の発達に必要な栄養が不足してしまいますから、

 

子供の偏食には仮性近視だけでなく気を配りたいものですね。

 

 

いかに目に負担をかけない生活を送るか、規則正しい生活を送ることで、

 

仮性近視は予防できるといっても過言ではありません。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?