子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


ストレス

 

仮性近視とはあまり関係ないように思えるストレスも、

 

実は仮性近視の原因の一つです。

 

 

ストレスといっても、

 

肉体的なものと精神的なものがありますね。

 

 

激しい運動をした時などに、眼球や脳への血流量が減ると、

 

一時的に視力が低下することがありますが、これは仮性近視とは違い、

 

血流量が回復すると視力も元に戻ります。

 

 

仮性近視と関係があるストレスは、

 

精神的なものがほとんどです。

 

 

特に、精神的に発達できていない子供の場合、

 

影響を受けやすいと言われています。

 

 

精神的なことが原因で脳にストレスがかかると、

 

視覚野という部分が混乱してしまい、

 

電気信号をきちんと受け取れない可能性があるのです。

 

 

視神経の異常や眼球には何も問題がないのに、

 

一時的に視力が低下してしまうのです。

 

 

この場合、その原因となっているストレスを取り除けば、

 

視力は回復します。

 

 

さらに、水晶体の厚さを調節している毛様体筋も、

 

精神的なストレスで緊張してしまうケースもあります。

 

 

ストレスを受けたことで、自律神経の働きが乱れて、

 

毛様体筋の動きも悪くなるからです。

 

 

つらいことなどでショックを受けると、

 

目の前が真っ暗になるという例えを使いますが、

 

これは精神的ストレスで、一時的に視力が低下することを

 

指しているのかもしれませんね。

 

 

大人でも同じことが言えますが、

 

子供の方がストレスの処理が難しいですから、

 

ストレスが原因で仮性近視になってしまうと言えるでしょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?