子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


目の疲れ

 

目が疲れているのに、休ませずに目を使い続けると、

 

仮性近視になります。

 

 

仮性近視は、水晶体の厚さを調節する筋肉の働きが、

 

悪くなることで起こりますから、

 

筋肉をしっかりと休ませれば、働きは回復します。

 

 

つまり、しっかりと目を休ませれば、

 

視力が回復するのが仮性近視なのです。

 

 

私たちの目は、起きている間ずっと動いています。

 

物をぼ〜っとみている時には、

 

水晶体の厚さを調節する筋肉も緊張していませんが、

 

何かに集中して見続けると、かなりの緊張状態となります。

 

 

「なんだか目が疲れたな・・・」そう感じる時には、

 

目はかなり疲れていると思ってください。

 

 

肩こりで説明すると、「肩がこったなあ」と思って、

 

肩をもんだり運動したりすると、肩がすっきりしますよね。

 

 

ですが、肩こりをそのままにしておくと、筋肉が固まってしまって、

 

それをほぐすのがかなり大変になります。

 

 

肩の筋肉はほぐすことができますが、

 

目の中の筋肉は、ほぐすことができません。

 

ですから、凝り固まる前に休ませなければならないのです。

 

 

仮性近視の場合、目が疲れたといって一晩ぐっすり眠ると、

 

意外と早く回復します。

 

 

それは目の疲れがしっかりと解消されている証拠なのですが、

 

翌朝になっても目の疲れが取れない時には、

 

眼精疲労を起こしている可能性があります。

 

 

最初はただの目の疲れが、症状が悪化すると

 

眼精疲労となってしまいますから、注意が必要ですよ。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?