子供の仮性近視の治療法・回復法・トレーニング法

仮性近視は眼科で治療することもなく、


視力回復センターに通うこともなく、


自宅で1日数分の簡単なトレーニングをするだけ治すことができます。


一流のプロスポーツ選手も採用している視力アップ法とは?


寝転んで物を見る

 

仮性近視の原因として、姿勢の悪さも考えられます。

 

「姿勢が悪いくらいで、仮性近視になってならないでしょ」、

 

と思われるかもしれませんが、結構多いケースですから、

 

覚えておいたほうが無難です。

 

 

本を読む時は、本から30センチ以上目を離して、

 

背筋を伸ばすように言われたことはありませんか?

 

 

30センチ以上離すのは、目を近づけすぎないようにするためですが、

 

背筋が曲がっていると、それだけで物を見る時には、目に負担がかかります。

 

 

寝転がっていたら、本を30センチ以上離して読むことは

 

なかなかできませんよね。

 

 

そして、テレビを見る時も、

 

3メートルくらいは離れてみるのが理想ですが、

 

この時も、寝転がって見てはいけません。

 

 

寝転んで物を見ると、

 

角度が変わって目に大きな負担となります。

 

 

つまり、おかしな姿勢をしているのに、

 

目はきちんと物を見ようとしますから、

 

普通によい姿勢で見るよりも、

 

目を酷使していることになるのです。

 

 

寝転がって物を見ると、体が楽ですからついついやってしまいますが、

 

子供の場合、それが原因で仮性近視になりますから、正しい姿勢を心がけたいものです。

 

 

もちろん、子供の前で大人が寝転がって何かを見ていたら、

 

真似をされてしまいますから、

 

子供の前では気をつけたほうがいいですよ(笑)。

 

 

本来は、自分の目のために、正しい姿勢を心がけるべきですが(笑)。

 

さらに、物を見る時は、姿勢とともに明るさにも気を配りましょう。

 

小学生の視力回復に効果があるトレーニングキットはコチラ!

 


FXってなんなの?